ごあいさつ
会社情報

企業物流の規模は、日本国内で現在約20兆円、潜在市場を含めると約42兆円の巨大市場といわれます。

世界経済の減速・円高などを背景に、日本企業のグローバルな活動にも変化が見受けられ、国内の物流企業は、アライアンス(提携)、M&Aによる業界再編を行いながら、成長著しいアジアなど海外進出を目指す動きも継続しております。

国内市場は、少子高齢化による労働力人口の減少・ドライバー不足の深刻化に加え、荷動きの緩やかな回復基調の中、企業による経営の効率化のため、物流子会社の再編やIoT(Internet of Things)による運営、物流業務全般をアウトソーシングする傾向もさらに強まっています。

このような環境のもと、当社グループは、第20次中期経営計画の成長戦略とする採算性を重視した営業活動の強化・事業規模の拡大など収益向上策に取組むとともに、リスク管理・コンプライアンスの一層の強化による高品質経営に邁進しております。

その実現のためにも、事業成長戦略の強化、既存事業強化による事業規模の拡大、パートナー企業との一層の連携強化による差別化戦略の進展をはかっております。

また、成長戦略を支えるICT機能の「オープン環境への移行」による積極的な活用をはかり、物流コスト・輸送環境・需要変動などを的確に把握し、最適な物流を提供するサービスの維持・向上に努めてまいります。

未来に向けて挑戦する「トナミホールディングスグループ」に、何卒、これからも皆様の変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

平成28年7月
sign