ごあいさつ
会社情報

 日本経済は、企業業績の底堅さが継続し、緩やかな回復基調が続いているものの、米国の新政権による政策運営や英国のEU離脱問題・原油価格の上昇による影響が懸念されるなど、引き続き先行き不透明な状態が継続しております。
 物流業界におきましても、国内労働需給の逼迫感がさらに強まり、また、輸送能力の低下や人件費・燃料費の上昇等も憂慮され、成長を維持するための事業戦略、企業価値向上に向けた取組みの重要性が一段と増しております。

 当社グループは、中期経営計画「Leading step up 2017 さらなる高品質経営をめざして!!」(平成27年4月1日~平成30年3月31日)の最終年度の業績目標の達成にむけて、成長戦略の進展に取組んでおります。
 昨年、新たに2社がグループ事業会社に加わり、企業価値創造や輸送サービスの高度化にむけて邁進する一方で、お客様の物流機能への関心の高まりや物流ニーズの多様化に応えるため、物流品質の向上やコスト改善の追及に向けた取組みを推進しております。
 また、前期開設の保管施設(4流通センター)の稼働率向上・充実による関東・関西・東海の「事業領域の拡大」、業務提携・資本提携やM&Aの積極的な推進による「事業競争力の強化」、ITの利活用等による「労働生産性向上」、「運賃・料金の適正収受展開」、「より働きやすい労働環境の確保」等により、将来への成長基盤の拡大に取組んでおります。
 そして、社会的インフラとしてお客様をはじめ社会の信頼に応えていくためにも、コンプライアンス経営を推進し労働時間管理や社員の新しい働き方を創造するなど、社員が安心して働ける労働環境の整備を進めております。

 未来に向けて挑戦する「トナミホールディングスグループ」に、何卒、これからも皆様の変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

平成29年6月
sign